レーザー脱毛

脇や腕、すねなどむだ毛の処理はなかなか大変です。剃ったり抜いたりで、痛みも伴い下手をすると感染したり色素沈着してしまいます。またこれまでの脱毛治療では、毛根に1本1本針電極を挿入して毛根を焼灼していたため、長時間かつ長期間の治療となり、痛みも伴い、毛穴に一致して点々と色素沈着が残りやすい、針で刺すので感染を起こしやすいなど副作用の多い治療法でした。また毛根にしっかり電極が挿入されないと効果が出ず、このため治療をためらっておられた方も多いと思います。
レーザー脱毛では、最近新しく開発された医療用レーザー装置を使用して皮膚表面は傷つけずに毛根のみを破壊します。この最新式レーザーは長波長のため皮膚深部まで到達し、毛根のメラニンに特異的に吸収され毛根を破壊します。この際、表皮を障害しないように冷却ガスを照射と同時に皮膚表面に吹き付けて冷やし表皮を守るのが特徴です。またこの冷却ガスのため照射時の痛みが非常に少なく、麻酔無しでの照射が可能です。毛の生えている所の皮膚全体を照射すればその範囲の毛根が破壊されるので非常に短時間で治療でき、しかも後処置も特に不要です。また毛根が破壊されると毛穴が引き締まり、皮膚表面がつるつるしてきます。このように脱毛に最適な最新式医療用レーザー脱毛ですが、このレーザーは医療用のため医療施設でしか使用できません。一部広告などでレーザー脱毛をうたっていても医療用レーザーでない場合がありますのでよくご確認ください。
注意が必要なことは、日焼けや以前の脱毛処置などで皮膚表面が傷ついたり色素沈着があると照射できないことや毛根にメラニンがあるのは成長期のみのため、退行期や休止期の毛は脱毛されないことです。体毛の毛周期は4~6週と言われており、1ヶ月半程度空けて最低でも3回、毛深さなどで個人差がありますが充分な永久脱毛効果を得るには一般に5~6回以上の照射が必要です。日焼けしている場合などは十分皮膚の白さが戻ってから照射することになります。照射前にはT字カミソリなどで剃毛してもらいます。また照射後の日焼けは厳禁で、サンスクリーン剤で十分日よけする必要があります。
興味のある方はまず受診してご相談ください。相談のための受診には保険がききます。治療は自費で、所要時間や自費料金は院内掲示かホームページでご確認ください。