花粉症対策

花粉症はシーズンの始まる前から適切な治療を行い、花粉症対策をしっかりと続ければ、かなり症状を軽減させられます。受診して治療法を相談するとともに、日常生活では花粉対策を実行してください。
メガネ: メガネは眼に入るスギ花粉をカットします。ふだんメガネをかけない人も、花粉シーズンは外出する際に必ずかけ、帰宅時には目を洗って目薬をさすようにしましょう。コンタクトレンズを使用すると目のかゆみがひどくなり充血します。花粉シーズンはメガネにしましょう。
マスク: メガネと並びマスクは必需品です。理想のマスクは、花粉をよくカットし、息がしやすく、安価なものがよいでしょう。花粉症用のマスクは効果的ですが、高価です。高価なマスクを大事に使うより安価な不織布マスクを使い捨てにすれば衛生的にも良いでしょう。市販のガーゼのマスクはあまり花粉がとれず花粉症対策には不向きです。
衣類: 花粉シーズンは洋服のカッコばかり気にせずに、素材に気配りしてください。ウールのセーター等、毛でできたふわっとした肌触りの洋服は花粉が付きやすいのです。ポリエステル・混紡・綿・絹の素材は、毛100%の洋服の約1/3の花粉しか付着しないと言われています。住居への花粉の持ち込みを防止するには、外でしっかり洋服をはたいてから家の中に入りましょう。上着など脱げるものは、玄関先で脱いでから入ってください。特に毛の上着は、はたいただけでは花粉が落ちないので、脱いでから家に入るようにしてください。
窓の開閉: 花粉シーズンは窓を開けると屋外の花粉が室内へ侵入します。どうしても開けたい時はテレビや新聞の花粉情報を見て飛散の少ない日や時間帯を選びましょう。晴れて気温が急上昇した時、南風の吹き始めた時などは要注意です。反対に雨の日、気温の低い日は花粉の飛散は少なくなります。
薬: 自分に合った薬を処方してもらいましょう。一番困っている症状・眠気・他に飲んでいる薬がある・仕事の事情で日中は飲めないなどといった状況を医師に伝えてください。薬に頼りたくない方は、体(特に頭)を冷やさない・体を冷やすものや脂っこいものは控える・朝、頭部を冷やさないようにして20~40分間散歩する・ショウガやウコンなどのスパイスをとる、などをお試しください。漢方薬も用意してあります。
CO2レーザー: 粘膜を焼灼して反応が起こらないようにします。麻酔して行いますので痛みもなく、非常に症状が軽快しますが、粘膜はまた再生してきますので完全に治るわけではありません。内服で眠気が困る方、妊娠・授乳中で内服が飲めない方などにも最適です。理想的には症状発現前に照射していくのが最も効果的です。一時的に鼻の内が腫れて5日間程度かえって鼻づまりがひどくなる場合もあります。しかしその後は症状が軽快していきます。完治させるわけではありませんので、翌シーズンにはまた治療が必要となります。
舌下免疫療法: スギとダニに限られますが、減感作療法が可能です。毎日根気よく3年程度服用が必要ですが、自宅で行え症状を軽減させることができます。保険もききます。
その他の予防方法: 髪はまとめる・帰宅時はうがいをし、洗濯物ははらってから取り込む・布団はカバーを付けて干し、花粉が綿を防ぐ・青魚・ヨーグルトを食べる
花粉が飛散する前に準備しておくことが、一番の対策になります。

参考までに花粉症治療の費用をお示しします。
健康保険3割負担、再診料(約¥200)は別で

花粉症の鼻汁好酸球検査と非特異的及び特異的IgE(7種)の血液検査をし
鼻ネブライザーをして、薬を処方してもらったら
当院での治療費が  約 ¥4,000となります。
その他に 院外薬局で薬代が必要となります。
当院ではスギ・ヒノキとハウスダスト・ダニ及びカビさらにハルガヤ・カモガヤなどの
イネ科とブタクサなどの雑草の7種を基本に検査しています。
スギ・ヒノキは春に、イネ科は初夏に、ブタクサ等は秋に、ハウスダスト・ダニ・カビは
ほぼ年中発症します。
これ以外にもご希望のものが有れば検査できますし、検査を減らすこともできます。
検査料のみは7種で     約 ¥3,100 です。
増減は1種に付き       約 ¥400 となります。

予約して両側の鼻レーザーを施行し鼻ネブライザーをして
治療費は      約 ¥16,500 となります。

舌下免疫療法の費用は、舌下免疫療法をご覧ください。