花粉症に負けない

花粉症対策の第1は予防です。そのために、まず自分がどんなアレルギーなのかを血液検査でしっかり確認しましょう。スギ花粉とダニアレルギーの場合、舌下免疫療法が可能です。長期の減感作療法になりますが自宅で服用でき症状を非常に軽減できます。これをしてなくてもスギ花粉の場合花粉飛散2週間前から予防的に内服・点鼻・点眼を始めると薬の効果がよくでます。さらにアレルギーが始まるまでに鼻の粘膜をレーザーで焼灼しておくと万全です。いずれも当院で行えますので、ぜひ次のシーズン前にはお始めください。
花粉飛散時には花粉を避ける事が重要です。花粉の多い日は外出しない窓を開けない、出かける時は帽子マスクめがねさらにツルツルした服を来て花粉を室内に持ち込まないなどの注意が必要です。
しかしそれでも症状が出たらやはり薬が必要となります。まず鼻汁のアレルギー反応を確認して投薬を始めます。花粉症の内服薬には、くしゃみ鼻水に効く抗ヒスタミン作用を持つものと鼻づまりに効く抗ロイコトリエン作用を持つものがあります。抗ヒスタミン作用を持つものは速効性が有りますが眠気を伴うものがあります。抗ロイコトリエン作用を持つものは眠気はありませんが、効果が出るまでに2週間ほどかかります。さらに漢方薬も効果的です。これ以外に点鼻と点眼薬があります。一般的に抗ヒスタミン作用を持つ抗アレルギー剤の内服とステロイド剤の点鼻、抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー剤の点眼を処方することになりますが、その他の作用を持つ薬もありますので自分の症状をしっかり伝えるようにしましょう。ぴったり合う薬を見つけられるまで内服時の効果や副作用を詳しく伝えてください。抗アレルギー剤は長期内服しても安全性が高く、ステロイド点鼻も全身性副作用は無く安心して使用できます
さらに鼻ネブライザーも効果があります。抗アレルギー剤とステロイド剤が含まれ、鼻の中のアレルギー反応を抑えるとともに花粉を洗い流す作用があります。
なお注射1本で花粉症を治したという話を良く聞きますが、ステロイド注射は副作用が多く耳鼻科では行いません。
花粉症は今や国民的アレルギー疾患で5人に1人は花粉症を持っています。花粉症の原因となる花粉ではスギ花粉が最も多く、2月の建国記念日から5月のゴールデンウィークまで症状が出ます。また花粉以外にもハウスダストやダニなどに反応するアレルギー性鼻炎の人も増えてきています。これらのアレルギーには大気汚染が大きな誘引になっているものと思われます。
花粉症に負けないようにしっかり治療しましょう!