形成外科について

形成外科とは耳慣れない科ですが整形外科とは違います。簡単に説明すると、体の表面の気になる部分をできるだけめだたなくすること、すなわちできものやキズあと・アザ・皮膚の変形・奇形などをできるだけきれいに治し、形を整えることで精神的悩みを救うお手伝いをします。このためには美容外科的手法も用います。
当院では、次のような治療しています。
①できものやアザ・ほくろ・脂肪のかたまりなどが外来で簡単にきれいに取れます。
②最新のレーザーを使って、脱毛やほくろ・しみ・赤あざなどがきれいにとれ、ニキビ・赤ら顔・そばかす・毛穴の黒ずみ・皮膚老化の治療(レーザーフェイシャル)もできます。
③ニキビのケミカルピーリングやしわのヒアルロン酸・ボトックス注射、しわ取り軟膏治療も行ないます。
④しみやニキビにトレチノイン・ハイドロキノン、ビタミンC誘導体ローションとイオン導入、漢方を使用しています。
⑥いぼは液体窒素のほか痛みが少ないレーザー治療も可能です。
⑦巻き爪のワイヤー矯正や魚の目、ケロイドも治療しています。
⑧わきの多汗症やいれずみもご相談ください。
⑨やけどや事故などのキズあともきれいに治します。
これらのことでお困りの方は、まさかこんなことは無理だろうとおもい悩む前にお気軽に当院にご相談ください。

参考までに外来手術の費用をお示しします。
健康保険3割負担 、再診料(約¥200)は別で

予約して露出部の皮膚・皮下腫瘍の切除をして
治療費は 約¥5,000/¥11,000/¥13,000(個数と大きさによります)
組織検査をして +約¥3,000

予約して露出部以外の皮膚・皮下腫瘍の切除をして
治療費は 約¥4,000/¥9,800/¥12,500(個数と大きさによります)
組織検査をして +約¥3,000

となります。
皮膚・皮下腫瘍の場合、悪性除外のため原則的に組織検査をします。
露出部とは顔・首・上肢の肘から先・下肢の膝から下の部位です。

ほくろの場合は悪性除外のため1個は組織検査をお勧めします。
レーザー時などに1個のほくろをバイオプシーで組織検査して
保険部分の治療費は 約¥4,500 となります。