ネブライザーについて

ネブライザーは霧状にした薬剤を直接病変部へ噴霧して治療する方法です。当院では鼻と喉に使用しています。アレルギー性鼻炎と副鼻腔炎、喉頭炎の方が適応となります。
正しく使用して早く治しましょう!
アレルギー性鼻炎用の噴霧液には、アレルギーを抑える薬と炎症を抑えるステロイド剤が、副鼻腔炎、喉頭炎用の噴霧液には抗生剤と炎症を抑えるステロイド剤、腫れを抑える血管収縮剤が配合されています。全身投与に比べ副作用はほとんどありません。
まず鼻をかむか鼻処置を受けて鼻汁を十分に取ってください。噴霧液は漏れないように、喉の方はマスクを口に鼻の方はネブライザーの先を鼻の穴にぴったりあてて使用してください。
また、副鼻腔炎の方は鼻腔内だけでなく副鼻腔にも噴霧液を浸透させる必要があるため、ネブライザー中に数回つばを飲みこんでください。
当院のネブライザーは、不快な薬品臭を軽減して快適に吸入できるように、ハッカとイチゴのエッセンスで香りを付けてあります。
これらのエッセンスは治療効果に影響を及ぼさないことが確認されているものを使用していますので、安心して治療してください。
大人の方はハッカの香りが子供の方はイチゴの香りが向いていると思いますが、どちらでもお好きな方で快適に吸入してください。
吸入時間は3分間で、長くすれば良いと言うわけでもありません。また、薬アレルギーのある方や高血圧の方が初めて吸入される時には、ショックを起こす危険もあり注意が必要です。
気分が悪くなった場合や、香りがきつ過ぎる場合、香りが変で好みに合わない場合など、どんなことでも、何かありましたならば遠慮なくすぐにお近くの職員にお声をおかけください。