しみ取り軟膏

しみにもいろいろな種類があります。このうち顔面のしみ・くすみや肝斑の治療に、トレチノインとハイドロキノンの併用によるしみ取り軟膏がお勧めです。これらの疾患ではメラニンが比較的浅い表皮基底層に沈着しています。トレチノインは表皮をピーリングし新陳代謝を促進してこのメラニンを排出し、ハイドロキノンは新しくメラニンが産生されるのを防ぎます。両者を使用するダブル効果でしみを効率的に取るわけです。やけどやケガ・手術・レーザー後などの炎症性色素沈着にも効果があります。太田母斑や黒皮症などメラニンが深い真皮にある疾患には残念ながら効きません。また顔面以外のしみや厚く盛り上がったしみにも効果は少ないです。
しみ取り軟膏の欠点は、トレチノインに刺激があり皮膚炎をおこして発赤や灼熱感が出たり皮膚がめくれたりしますが、これが効いている証拠です。かえってこのような症状が出ない場合はしみ取り効果が弱いと考えられます。使用中お化粧は可能で、皮膚が紫外線に敏感になるためサンスクリーン剤は必須です。またしみ取り軟膏は不安定で熱や光に弱いので冷蔵庫で保管し、1ヶ月で作り替えが必要です。
赤くなるのが困る人にはメラニンの産生を防ぐハイドロキノンのみの使用でもくすみが取れ明るい皮膚になるのでお勧めです。またレーザー前後にハイドロキノンを使用すると美白作用があるのでレーザー光が深くまで入りやすくなり、さらにレーザー後の炎症性色素沈着も抑えられるのでより効果的な治療ができます。
使用法は洗顔後まずビタミンC誘導体ローションを使用し、しみの部位に日に2回トレチノインを狭く塗布しその上からハイドロキノンを周囲も含め広く塗布します。塗布はうすくのせるようにし決してすり込んではいけません。その後必要に応じて当院お勧めのかぶれにくい保湿剤やサンスクリーン剤を使用します。約2ヶ月したらトレチノインを止めハイドロキノンのみを約3ヶ月塗布します。これで1クールです。必要なら3~6ヶ月休み2クール目を始めます。このように自宅で容易にしみ取りが行えますが、使用法を誤るとかえって悪くなります。必ず通院して指示にしたがってください。指示通り通院できない方は使用できません。
ところで気になる費用ですが、これらの治療は残念ながら保険はききません。興味のある方はまず受診してご相談ください。相談のための受診は保険がききます。自費料金は院内掲示か当院ホームページでご確認ください。