ビタミンC誘導体

お肌のトラブルの多くが、紫外線による酸化によって発生する活性酸素によることがわかってきました。ニキビが悪化するのもしみやしわができるのも根本はこれです。このため抗酸化剤としてビタミンC(アスコルビン酸)が注目されましたが、不安定で皮膚より吸収されない難点がありました。もちろん内服でも効果は表れますがやはり患部に直接作用させた方が効果的です。そこで開発されたのがビタミンC誘導体です。誘導体なら皮膚によく吸収され、皮膚内でビタミンCに変化し抗酸化作用を持続させます。
当院のビタミンC誘導体ローション(VC Lotion)は10%と高濃度かつ保湿剤配合のためとても使いやすいと好評です。これ以上の濃度では刺激が出て使いにくくなります。当院では購入時にその場で溶解して作成しお渡しするためとても新鮮で、不要な配合剤も入っていません。このため2ヶ月以内にご使用ください。イオン導入にも使えます。
当院ではこのビタミンC誘導体ローション(VC Lotion)をケミカルピーリング時のイオン導入やその後のケア、しみの治療に取り入れています。自費となり医薬品のため受診されないと使用できませんが、症状により他の疾患でも使用可能です。興味のある方はまず受診してご相談ください。相談のための受診は保険がききます。